apacheでvirtualhostを設定する

サイトの規模が大きかったりするとディレクトリの階層が深くなるのでヘッダーやらフッターやらテンプレート化した部分はコピペでドンドン量産していきますが。

場合によってはjsとかphpでインクルードさせた方が更新が楽。

その場合には画像やらリンクやらを相対指定にするわけにはいかない・・・

でもローカルで開発してたら絶対指定パスは表示されない・・・

かといって最後に一気に絶対パスに直すのはきつい・・・

つかapache使えばサーバーなんだから動くんじゃね!?

ということでapacheにぶち込んでみました。

しかし・・・

URLの絶対指定(/test/←こんなん)をしたサイトを確認するためにはxamppのlocalhostに直接ファイルを入れてアクセスしても/localhost/が入ってるので実は絶対パスは間違ってんだぞってことでスタイルは読み込めないし画像も表示されないしなんかうまくいかない・・・

ようなのでxamppでヴァーチャルホスト設定をしてurlを本番とほぼ同じようにするとローカルで効率よく開発できるよってことでそうすることにしました。

wordpressなんかだとPHPでurlをはじきだしてるからかlocalhostで問題ないのですがね(多分)。

まず

C:\xampp\apache\conf\extra\httpd-vhosts.conf

を開きーの

NameVirtualHost *:80

19行目のこのコメントアウトをはずしーの
DocumentRoot “C:/xampp/htdocs/○○”
ServerName ○○

上のコードを記述しーの(○○はディレクトリ名でありドキュメントルートである)でこのファイルはおしまい

つぎに
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts

を開きーの(見れなかったらフォルダオプションの表示を見てシステムフォルダの内容を表示するにチェックをいれる”XPの場合だから他は知らん”)

127.0.0.1 ○○

一番下にこれを記述するー(127.0.0.1 localhostの下)

そしたらapacheを再起動。
XAMMPPならstopおしてstart押せばすぐ。

http://○○/

ってアドレスバーに叩きこめば、オールオッケーのハズ

参考サイト
http://www.materializing.net/archives/2009/04/05045717.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Pagetop

Copyright© echolabo All rights reserved.